recruit

採用情報

社員紹介

事務サポート本部
給与サービス部 法人給与サービスグループ

力丸 葵

未経験から入社半年で新規のお客様に主担当として対応
手探りながらやり遂げ、得られた大きな達成感

—ファミマ・リテール・サービスに入社した理由はなんですか。

私はこれまで、テレビ番組の制作会社や飲食店など、さまざまな仕事をしてきました。その中で一貫している想いは、「人々が笑顔になれる仕事をする」というもの。しかし、ふと自分の将来を考えた時に、誰かのサポートではなく自ら考えてステップアップしながら仕事をしていきたいと思うようになりました。その思いから転職を決意し、「人の笑顔を見るのが好き」という軸はそのままに、さまざまな企業を見てまわりました。ファミマ・リテール・サービスは、安定性がありながら幅広い事業を展開しているため、私にも役立てることがあるのではと思い入社。現在は給与計算のアウトソーシング事業に携わっています。給与サービス部に配属された当初は、これまでの自分のスキルが活かせるのか不安になりました。でも実際は外部の人とのやり取りも多いため、接客業で培ったコミュニケーション能力がとても役立っています。

—仕事の中で成長したと感じる案件について教えてください。

入社して半年で、新たに受注したお客様の給与計算に携わったことです。それまでは先輩方の業務を引き継いで、ある程度土台ができていた上での業務が中心だったのですが、ある日新規のお客様の主担当を任されました。給与計算の方法は企業によって異なるので、それぞれに合わせた計算式が必要です。そのため、ゼロから仕組みを考えなくてはなりませんでした。手計算とシステム上の金額が合わなかったり、役職ごとに異なる支給金額に戸惑ったりとトラブルもありましたが、先輩に教わりながらなんとか形にしていきました。また、お客様とのやり取りも先輩ではなく主担当である私の役割です。ただ担当者としてヒアリングするだけではなく、より円滑なコミュニケーションを図れるよう、時折、日常会話や雑談も交えながら話すように意識していました。納品後にいただいた先方からの「ありがとうございます」という感謝の言葉は、今も胸に残っています。

—将来に向けて挑戦したいことはなんですか。

人材育成です。私は入社当初、ケアレスミスが多く、また未経験入社により仕事も遅かったため、同じグループの方々にはたくさんご迷惑をおかけしたと思っています。それでも最後まで見放さず、ずっと見守ってくださり、先輩方にあたたかく育成していただけたことはとてもありがたかったです。この経験を活かして、いずれは人材育成にも挑戦してみたいと考えています。これまで業務を教わりながら、「この部分は今聞いていいのかな」と分からないことをなかなか言い出せない時がありました。時間が経つにつれて信頼関係が生まれてくると聞くタイミングもつかめるようになるのですが、本当は最初から質問できることが望ましいですよね。だからこそ、後輩が入ってきた時は困っている時にしっかりと察せるくらいに余裕のある先輩として指導にあたりたいと思っています。目指すは、人に寄り添う人材育成。まずは自分のグループ内で始めて、その後、会社全体に良い影響をもたらせるような仕事に取り組んでいきたいと思っています。