ABOUT US

企業情報

企業情報カテゴリー

トップメッセージ

『人にしかできない力』を磨きあげサポートを新たなステージに。

私たちの生活する社会は、地球環境問題・テクノロジーの進化、そして人々のライフスタイルの多様化といった様々な変化が同時に起き続けています。2007年、当社は現在のファミマ・リテール・サービスに社名変更を行い、ファミリーマートのサポートカンパニーとしての事業を本格化させ、既に10年以上の時が経ちます。その間、私たちを取り巻く市場環境もまた目まぐるしく変わり、コンビニエンスストア・百貨店・スーパーなど数多の小売業界では、業態間競争・経営統合・業界再編などが相次ぎ、2018年には、ファミリーマートがサークルK・サンクスからのブランド転換を完遂させ、コンビニエンスストア業界における「3強時代」はより一層顕著なものになりました。これらの市場環境の変化に伴って、機械化・自動化の加速、ネット通販の拡大等、「店舗」のあり方自体が大きく変わりつつあり、私たちも変化を迫られてきました。

将来に向けて、AI・RPA等の次世代のデジタル化も、今以上に進化・変革を加速させていくものと思われます。そのような環境下、急速に変わりゆく時代において、私たちファミマ・リテール・サービスは、これまでの事業領域を拡大・増幅するための第二次成長期へと価値向上を成し遂げる新たなチャンスと捉えています。

私たちファミマ・リテール・サービスは、ファミリーマートの「店舗」と「本社機能」を『人の力』で、コミュニケーション力を駆使し誠実さを強みとしたオペレーションにより幅広くサポートしてきた会社です。当社が創出すべきサービスメニューや業務サポートの価値は、デジタルの力では合理化できない仕事、あるいは、私たちの経験・知識を活かしたオペレーションのスリム化、または、デジタル化支援・デジタルの活用等、業務自体をスマートにできるサポートなど、時代が変わろうとも、人と人のつながりを大切した『人にしかできない力』を磨きあげることで、当社に関わる人々の幸せと豊かな社会づくりをサポートし続けることです。

このミッションの実現に向け、私たちファミマ・リテール・サービスの既存のサポート事業については、さらなるバージョンアップを図り、グループ外に対しても、ファミリーマートにおけるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の経験を活かし、そのノウハウをさらに深化させ、強固なものにさせると共に、ファミリーマートグループ内外への事業領域拡大を推進していきます。

私たちファミマ・リテール・サービスは、これまでのサービスメニュー・サポート業務の品質に誇りを持ち続け、成長に繋げていきたいと考えています。

代表取締役社長 杉浦 真

人の力

Operation

人にしか
できない力

Solution